散骨のあれこれ

    お墓をもてないというお悩みの方に散骨は最適な方法です。大切な方のセレモニーはこちらにお任せ!詳しくはお問い合わせください。

    突然亡くなってしまった方の遺品整理を名古屋で依頼したい方は、丁寧な作業を心がけているこちらの業者で!

    散骨とは葬送方法の一種です。世界の一部の地域では伝統的に行われてきた葬送方法で、最近では日本でも注目を集めています。 基本的に日本では、人が亡くなると火葬が行なわれます。火葬後には遺骨が残るので、その遺骨をお墓に埋葬するという葬送方法が一般的です。ただ、中にはこのお墓への埋葬を拒否する人もいます。理由は様々ですが、生前に思い入れの深かった土地への葬送を希望するケース等があります。こうした希望を叶える一つの方法として、散骨という葬送方法が用いられます。 散骨は具体的には、山や海等に遺骨を撒くという葬送方法になります。撒く場所は、故人が生前に希望していた地で行なうというケースが多いです。特に場所の希望がない場合には、葬儀会社等が管理している場所へ撒くという場合もあります。

    具体的な散骨の方法ですが、まず火葬までの流れは通常の葬送の流れと同じになります。火葬までが済んだら、今度は実際に遺骨を撒く事になります。火葬後の遺骨というものは、ある程度の形を保っています。そのため、その形のあるままを撒くわけにはいかないので、まずは遺骨を細かな粉状にします。 遺骨が粉状になったら、希望の場所での散骨となります。ただ、日本の場合には散骨場所の選定は慎重に行う必要があります。撒く場所によっては、そこで生活を営む人等との間でトラブルになる恐れがあるからです。こうしたトラブルを防ぐためには、きちんと葬儀会社等と相談をしたり、希望する場所での散骨が認められているのか等を事前に調べておく事が大切です。

    家が遠くてなかなかすることが出来ない遺品整理は業者に任せるとキレイに掃除までしてくれます。業者を選ぶ際は口コミを参考にしてみては。

墓石の掃除をする

実は墓石の掃除も今では専門の業者に依頼をして行うことが多くなってきています。墓石掃除の業者はネットで簡単に探すことができ、電話だけでなくメールでも問い合わせをする事が可能です。

遺品整理は業者に

葬儀関連のことに多くの変化が出てきていて、これには故人の残した遺品の整理にも同じことが言えます。近頃の遺品整理には家族ではなく遺品整理の業者に依頼をすることが多くなってきています。

霊園の歴史と今後

霊園の利用は今では一般的になっているものですが現在のスタイルになるまでには色んな流れがありました。また最近ではニーズの取り入れなどから変化が出ているので今後の動向にも注目されています。